青梅駅から徒歩3分。青梅駅を出て、目抜き通りをまっすぐに進んでいくと左手にシンボルのツリーハウスが見えてくる。

運営するのは青梅市内でリヤカーを引いてシフォンケーキの販売をしている「ちゃんちき堂」のてつさん。
お店を始めたい人がトライアルできるスペースを作りたいという思いで、民家を改装して作り上げた。

レンタルカフェなので毎日店長さんが変わり、メニューもその人によって変わる。
スケジュールはホームページでチェックしてね。

≫カフェころん スケジュール

cafeころんcafeころんcafeころんcafeころん

オープンしたのはいつですか?

2014年9月13日

どうしてお店を始めようと思ったのですか?

ぼくはちゃんちき堂っていうシフォンケーキ屋をやっていて、ぼく自身の仕事はリアカー引きです。リアカーを引きながら青梅の街のあちらこちらを日がな一日歩いています。青梅駅の周辺は、リアカーを引き始めた当初、どこに行っても売れなかったぼくを受け入れてくれた街なのです。だけど、毎年毎年どんどん人がいなくなって寂れていってしまった。このままだとこの街でリアカーを引く続けることは出来ないかもしれない。。。そんな時にであったのがcafeころんになった「廃屋」でした。

ここに飲食店を始めたい人がトライアルできるスペースを作れないか。。。

毎日、違う素人が、でも、いつかお店を始めたい誰かがお店をやっていて、それでもイロンナ形でお客さんを呼べて、ちゃんと稼ぎながらメニュー開発したり、常連さんを作ったり。。。そうやって準備をしっかりしてからお店を開く。その階段の1段になるような場所を作れないかって思ってcafeころんを作ったのデス。

だからcafeころんはクラウドファンドを使ってみんなから出資を受けました。
だからcafeころんはみんなで毎週集まって作り上げました。
だからcafeころんっていう名前もみんなで考えました。

ここは最初からファンが100人も200人もいる場所として、そしてこの場所を使ってトライアルする誰かを応援する人がたくさんいる場所として出来上がったのデス。

cafeころんcafeころんcafeころんcafeころん

お店のコンセプトはなんですか?

だからこのお店は毎日、日替わりでお店が変わります。今は40組以上の方がちゃんちき堂と契約しています。素人だから失敗もたくさんあるけれど、お店をいつか始めたい人、週末だけでも起業してみたい人、表現する場所を求めている人。イロンナ動機でイロンナ人が集まってきます。

元々、ちゃんちき堂のぼくがリアカーで出会った人の集う場にもなっていて、リアカー引きに声かける人なんて変わってる人が多いじゃない?だから、そんなちょっと尖っている人、変わっている人の出会いの場にもなっています。ここから新しい関係が生まれたり、仕事が生まれたりもしている不思議空間デス。

店名に込めた思いを教えて下さい。

cafeころんっていう名前はみんなで決めました。cafeころんの完成が近づいた時、使いたいっていうみんな(30人くらい)が住吉神社に集まって話し合って絞り込んだ9個の店名候補。それをインターネット上で投票してもらってダントツだったのがcafeころんだったのデス。

おすすめの品を教えて下さい。

日替わりのレンタルカフェなのでお勧めって難しいんだけど、あえて言うなら
・応援したくなるお店を探せる場所
・そして、シフォンケーキだけは必ずありマス

※cafeころんのレンタル料金はシフォンケーキのピース(250円~300円)×10個以上なのです。そして、毎日の店主達は買い取ったシフォンを店内で自分なりにアレンジして販売していマス。みんながそのメニューを食べてくれると店主達はそれだけ負担なしにここを使える。そんな仕組なのデス。

cafeころんcafeころんcafeころんcafeころん

何かこだわりはありますか。

ぼく自身にはなんにもこだわりがないのがこの場所の特徴だと思いマス。だから、同じ空間なのにその日の店主によって雰囲気はまったく変わります。その一日は、その方のお店のなんデス。でも、やっぱりその背景にはみんなで作って、手作りのちょっと不器用で、ばらばらで、だからちょっと暖かいっていう空間があると思いマス。

お店をどのように利用してもらいたいと思いますか。

ここに1ヶ月通いつめたら、青梅の街でイロンナことができるようになると思いマス。それくらい多彩な人が集う場になっているんじゃないかと思います。いつか、お店を始めたいって人なら、それが青梅なら、今のcafeころんにはお店をはじめる時に必要なたくさんの支援者を作ることが出来るんじゃないかって思います。そんな空間を堪能したいっていう人が互いにいい出会いをしてもらえたらって思っています。ぼく自身はリアカー引きなのでシフォンが焼きあがったら青梅の街に繰り出しちゃうんですけど。

青梅の好きなところを教えて下さい。

青梅の人は不思議デス。

出会うと「おはよう」とか「はじめまして」じゃなくて、「お前どこの誰だ」からはじまって「あそこのあいつを知ってるのか!」ってつながって、それで安心するみたいな。そんなどこかでつながって、つながることの安心を大切にしている。なのに、ぼくのように流れてきた人間もたくさん住んでる。どこかで別々に、でもどこかで受け入れてくれる。

リアカーを引き始めた時、どこでも受け入れてもらえなかったぼくが「ここにいてもいいかも」と思えた雰囲気はそんな狭間にあるように思いマス。青梅と言っても広いけれど、青梅駅のこの周辺にはそんな閉じてて開いてて、古くて新しい、不思議な雰囲気があります。

cafeころんcafeころんcafeころんcafeころん

店名: ころん
住所: 〒198-0083 東京都青梅市本町117-12
電話番号: 070-2185-0092
営業時間: コアタイムは11:00~18:00 木曜日定休
座席: 15
URL: http://www.chanchikido.jp
駐車場: 無し